近いことが一番

ジャバベカはチカラン地区の一部であり、ジャカルタ中心部から東へ約35キロの位置にあり、北にはジャワ海があります。  チカラン地区の急速な発展はこのエリアで活躍する数多くの多国籍企業によるもので、それらの企業は多くのスタッフ・駐在員を抱えています。 ジャカルタ周辺の交通渋滞は駐在員にとって最も恐れられているものであり、時間の損失を避けるため出来るだけ生活の場を職場に近い場所で選ぶ傾向にあります。 従って、ジャカルタ郊外で勤務する場合、職場と住まいが近いことが何よりも重要な鍵となります。 また、生活をする上で必要なものが近くにあることに越したことはありません。  ジャバベカはそれらの必要条件を備えており、ショッピングモール、レストラン、娯楽、医療施設そして周辺にはレジャー施設など全てが簡単にアクセス出来る職住遊が近接です。

map

目の前に広がる緑豊かなゴルフコース

Ecoloftジャバベカ ゴルフ サービスアパートメントはビジネスパーク、衛星都市、主要なショッピングモールに隣接した場所にあります。 しかも新鮮な空気と緑に囲まれています – Ecoloftの所在する住居ブロックは総面積67ヘクタールの中心に建てられており、隣接のジャバベカ ゴルフ&カントリークラブは世界的に有名なゴルフプレーヤーNick Faldoによってデザインされ、青々と茂った緑の景色と穏やかな環境は18ホールのチャンピオンシップコースを体験することが出来ます。 クラブハウスはスイミングプール、2面のテニスコート、子供の遊び場、マッサージ、レストラン、ビジネス用のVIPと多目的ルームを備えています。  詳細はwww.jababekagolf.co.idをクリックして下さい。

golf-course

新工業地区のハブ

インドネシア政府はチカラン地区/ジャバベカを主な開発エリアの一つであると定義しています。  工業と住宅を含む複合開発は今なお成長し続け、 あっという間にこのエリアは駐在員の新しい居住地の選択肢の一つになっております。 現在、多くの外資系企業がチカラン地区にオフィスを建設しており、 ジャバベカはジャカルタ郊外の新しい工業エリアの中心として知られるようになりました。  現在は約4,000社の外国企業がチカラン地区でオフィスを運営しており、数千人の駐在員がこのエリアで働いています。 駐在員の多くは日本人と韓国人で占められており、彼らはこの地域を"アジアンシティー"へと変貌させ、東南アジアの中でも最大級の工業団地の1つとして、存在感を示しています。

jababeka-city

Dining & entertainment

In line with the constant establishment of companies and offices in Cikarang as well as the high demand for expatriate workers, new shopping centers and restaurants also flourish in the city.

  • Various shopping facilities, e.g. Farmers Market around the corner (walking distance)
  • Many Japanese and Asian restaurants as well as all well-known international brands (e.g. Starbucks)
  • Lippo Cikarang ("Little Toyko")
  • Variuos new shopping malls (the well-known Plaza Indonesia builds 6 towers on 15'000 hectares)
  • New project: Orange County (currently one of the biggest projects in Indonesia), built by Lippo
dining-area

インフラ整備

ジャバベカはブカシ-チカンペック有料道路の出入口から簡単にアクセス出来ます。 ジャバベカとジャカルタ中心地までは車で約1時間程です。 しかしながら通勤は日々の渋滞を考えるとお勧め出来ません。 従って、地元政府は現在ジャバベカを生活と仕事の拠点として更に魅力的な街にするべく、いくつものインフラ支援について協議しています。 それらの中には、ジャカルタとチカラン地区間に線路を敷設し列車走らせる計画、 経済成長に伴うニーズに応えるためチカラン地区に空港を作る計画、 カラワン北部にチラマヤ港を建設する計画、 ジャバベカのドライ・ポートをタンジュングプリオク国際港出入口の拡張の一部とする計画、 また、タンジュングプリオク国際港の北部に近い将来新たな港を建設する計画などがあり、既に建設が進んでいるものもあります。

dryport